FileMaker 開発者ブログの最初にあたり

近年 iPhone や iPad 向けビジネスソリューションが注目を集める中、 Appleの子会社でもあるデータベースソフト FileMaker が注目されています。 特にiOSアプリケーションとして無料で使える FileMaker Go がその大きな牽引力となっています。 それは FileMaker Go を使えばプログラムの知識がなくても、一般的に難しいとされる iPhone や iPad のソリューション開発ができるからです。 ファイルメーカーからは初心者から上級者向けのトレーニング本が公式やサードパーティーからたくさん出ていますし、本気になれば1年もあれば立派な社内開発者になれると思います。

では弊社のような FileMaker のコンサルタントは何をするか。 FileMaker はプロじゃなくてもプログラミングレスで開発ができるはずなのに、なぜプロが存在するのか?  お客様でもできることを時間的な都合により外部に委託する業務を受託するのはそれは単なる下請けであってプロではない。アジャイルだからムダな要件定義費用を抑えられ安価にソリューション構築できるというのは、すべてにおいてあるべき姿とも思いません。

といいましても弊社は受託開発が大半のウェートを占めています。ですが FileMaker をもっと活用したいとお客様が行う開発で壁にあたっとときに、FileMaker の豊富な経験知識をもって開発やトレーニングの提供はもちろんのこと、場合によってはやっぱりプログラムやデータベースの知識が必要な高度な処理、ネットワークやハードウェアなどの知識、情報が少ないiOSの正確な知識、また業務分析/要件定義/スケジュールやプロジェクト管理など、プロだからこそのサービスを提供することが FileMakerの開発コンサルタントとしての役目と思うようになってまいりました。

本ブログは技術的な内容が中心にはなりますが、そういったもっと FileMaker を使いこなしたい ! とお悩みを持つ FileMaker 開発者への一助となれば幸いですし、こういった考えや技術に興味をもった若い方々が増え、弊社も含めて楽しい FileMaker ライフになることを願っております。

代表取締役社長 若林 孝