FileMaker Go にしゃべらせる「 Web Speech API 」

2015/11/23 : 本文中の文字のコピペで使用する場合にシングルコーテーションが別の文字に変わってしまうことがあるようです。コピペした後にシングルコーテーションをあらためて文字入力し直してください。

Safariに Web Speech API というものがある。これを使えばSafariがしゃべりだす。ということは、FileMaker Go や Pro の Webビューア でも可能ということになります。
今回検証してみた結果確かに実行可能であり、さらにいろんな可能性が広がった。
まずは簡単にスクリプトの解説から

var voiceObj = new SpeechSynthesisUtterance();
voiceObj.volume = 1; // 音量 min 0 ~ max 1
voiceObj.pitch = 1;// 音程 min 0 ~ max 2
voiceObj.rate = 0; // 速度 min 0 ~ max 10
voiceObj.lang = ‘ja-JP’;
function speakAct(){
voiceObj.text = document.getElementById(‘text’).value; //喋る内容
window.speechSynthesis.speak( voiceObj );
}
function speakStop(){window.speechSynthesis.cancel( voiceObj );}
function speakPause(){window.speechSynthesis.pause( voiceObj );}
function speakResume(){window.speechSynthesis.resume( voiceObj );}

SpeechSynthesisUtterance のインスタンスを作成して、パラメータを設定して、window.speechSynthesis.speak()で実行する。
途中終了するには cancel()、一時停止pause()、再開resume()を実行するだけ。

あらまぁ、簡単。

注意点というか難点は、iOS Safari の制限などあるので自動実行するには、画面全体をWebビューアで作成する必要があるので、実際のソリューション作成にはある程度のWebビューアでの知識が必要になることぐらいか。
デモはこちらから、ぜひFileMakerGoのWebビューアからも試してみて欲しい。

view Demo

用途はしゃべるだけでなく、音程や速度をMaxにして操作音をならすという用途にも使えそう。

ちなみに、Windows はIEなので現在動きません。( 2015.3.14 )

 

【 開発者募集中 】

弊社では FileMaker を使った高度な技術力で、モバイルデバイスのビジネス利用を楽しく発展させていく仲間を随時募集しています。詳しくは採用ページをご覧ください。