基本画面

お使いのソリューションにセットアップしたスクリプトを利用し「DrawMaster」を呼び出し、下絵画像の上に各種モードを使い描画を行います。

tech

1.閉じるボタン:編集中のファイルを閉じます。
2.アンドゥボタン:入力した作業をひとつ戻ります。連続でタップしますと 数回に一度 描画再構成のため少し時間が かかります。編集履歴データを保存しているため、ファイルを保存後に閉じた後でも再び開いたファイルで以前の 編集をやり直す事ができます。タップした際に現れるゴミ箱ボタン を押すとこれまでの編集を全消去する事が でき、以前の編集内容も消去することができます。
3.モード表示ボタン:現在選択されているモードが表示されています。タップするとモードの変更ができます。
4.太さ表示ボタン:現在選択されている線の太さが表示されています。タップすると太さの変更ができます。
5.色表示ボタン:現在選択されている色が表示されています。タップすると色の変更ができます。
6.透明度表示ボタン:現在選択されている透明度が表示されています。タップすると透明度の変更ができます。
7.リドゥボタン:アンドゥで戻った編集を再びやり直します。ファイルを保存した時点で編集履歴データが確定します ので閉じた後、再び開いたファイルでは以前の作業のリドゥは行われません。
8.保存ボタン:ファイルを保存します。セットアップの際に作成した「DrawObjectDATA」フィールドに編集履歴データを、「DrawObject」フィールドに編集画像を書き出します。

モード表示ボタン

tech01
現在選択されているモードが表示されています。モードのアイコンをタップするとモード変更ボタンが ポップアップします。

太さ表示ボタン

tech02
現在選択されている線の太さが表示されています。タップすると太さ変更ボタンがポップアップし 変更する事ができます。テキストモードの場合は大きさが表示されます。

色表示ボタン

tech03
現在選択されている色が表示されています。タップすると色変更ボタンがポップアップし変更する事が できます。上段のカラーはカスタムカラー01~08としてスクリプトで設定できます。

透明度表示ボタン

tech04
現在選択されている透明度が表示されています。タップすると透明度変更ボタンがポップアップし 変更する事ができます。

カスタムスタンプモード

tech05
下絵画像の上にカスタムスタンプを配置します。透明度を設定できます。配置 する際にドラッグすることでサイズを調整できます。 カスタムスタンプの初期設定についてはSetupMunualをご参照ください。 ボタンエリア内のスタンプ画像をタップするとカスタムスタンプ変更ボタンがポップアップし、変更する
事ができます。

主な機能

・JPEG/PNG/GIF(/PDF:iPad,iPhoneのみ)画像に描画。保存する編集画像はJPEGもしくはPNG形式が選択できます。
・丸/四角/直線/フリーハンド/カスタムスタンプ/テキスト/消しコゴムモード、色/太さ/透明度の変更、アントドゥ/リトドゥ機能など ドローアプリとしての基本機能を装備。
・トリミング/ぼかし/回転/明るさなど画像編集アプリとしての基本機能を装備。
・引数で下絵画像サイズ切り出しフラグを設定すると、描画領域の画面サイズではなく、下絵画像のサイズに切り出して編集し画像を返すことができます。
・引数でボーダーフラグを設定すると、描画する線を縁取りするのでハッキリとしたラインに見せることが出来ます。
・引数で描画領域の固定化フラグを設定すると、指定した描画領域のサイズで作業できます。
・ご購入の前でもデモファイルとの接続を行うと、ほぼ製品版と同等の動作確認ができます。デモファイルは保存画像にサンプルファイルである文字が挿入されますが、製品版のライセンスをご購入いただくことで解除されます。

主なモード

tech06
 
DrawMasterトップへ戻る