FileMaker システム開発

業務に使うシステムは、同じ業種であっても会社や人ごとにそれぞれの運用方法があり、ひとくくりにする事は難しいです。パッケージソフトの場合は、安価に導入できますが、その会社ごとのやり方に対応しきれない点が多く、ソフトに合わせて業務を変える必要があります。しかし、それでは業務効率は上がらず生産性も落ちてしまいます。ビジネスの現場で使うシステムは、人の動きに合わせた設計・開発が必要になってきます。

FileMaker によるデータベースの構築

弊社では、FileMakerを使った業務システムの受託開発、iPad・iPhone向けカスタムAppの受託開発など、お客様の業務に合わせたシステム開発を行っております。パッケージソフトを使ってみたが、自社の業務に合わない。自社の業務に最適で柔軟性のあるシステムを作りたいなど、お客様のご要望にあった開発を行います。開発、テスト、納品、サポートまですべてを請け負う開発スタイルです。
iPad・iPhone向けカスタムAppはもとより、ORACLEやSQL Serverなどと連携したシステムをファイルメーカー認定資格を有する経験豊かな開発者が、お客様の業務に合わせて提案いたします。
システム開発実績

お客様との協調を第一にした開発体制

「ドキュメント整備より動くソフトウェアを優先する」「計画ありきに偏らず、変化への適合を目指す」「お客様との強調、協力を第一とする」をモットーにしたスパイラルアップ型開発を主に採用し、お客様と共にシステム構築を行ってまいります。もちろん、ウォーターフォール型とよばれる明確な仕様/設計/スケジュールによる開発も必要に応じて採用しております。


 

iPad・iPhone向けカスタムAppの開発

一般的に、iPhone、iPadの業務での導入は徐々に進んでいるものの、開発の情報不足、開発者不足、厳格な規約などにより、業務システムでの利用はなかなか進んでいないのが現状です。そんな中、FileMakerは簡単にiPhoneやiPad向けのカスタムAppが動作するFileMaker Goを2010年に発売しました。iPhone、iPadと非常に高い親和性で、それは、ファイルメーカーはアップルの100%子会社だからの一言で十分ご理解いただけると思います。さらには、ファイルメーカーはOracle、SQL Serverとも親和性が高く、そういった既存システムのiPhone、iPad用画面の作成なども可能になっており、その可能性は更なる広がりを見せています。

当社は FileMaker Japan Excellence Award 2013、2014の2年連続で、iOS Business Driver of the Yearを受賞するなど、FileMaker Go ビジネスソリューションの国内最先端の高い技術力や導入実績を持っています。また、年に一度の祭典FileMaker カンファレンスのiOSテクニカルトラックにてスピーカーを勤めるなど、FileMaker Goのスペシャリストによる業務システム開発を行っております。