2台の iPad / iPhone を利用して Beacon Master の動作確認をしてみよう

● iBeacon 確認用のアプリを入手する
「Beacon入門」アプリをインストールしましょう。
開発元 Web ページ
App Store からダウンロード

 

● BeaconMaster をダウンロードする
FMGo.jp から 「BeaconMaster」をダウンロードして
FileMaker Go 15 で利用できる状態にします。

 

● アプリを起動して iBeacon の設定を行う
2016-05-27 12.32.262016-05-27 12.32.16[設定]をタップして iBeacon の設定を行います。
動作確認では UUID は初期値のままでも構いません。
設定した UUIDメジャーマイナーは後ほどBeaconMaster でも利用します。

 

 

 

 

 

● BeaconMaster に Beacon入門 の iBeacon 情報を登録する

2016-05-27 09.18.21

2016-05-27 09.18.29

Beacon入門で設定した UUIDメジャーマイナーを設定します。

 

 

 

 

 

 

● Beacon 入門でビーコン発信をする

 

2016-05-27 12.32.49

2016-05-27 12.32.41

ビーコンを発信します。
メジャー、マイナーの設定が表示されたら Beacon Master で登録したいずれかの値を設定します。

 

 

 

 

 

● Beacon Master でビーコン信号を拾って確認する

2016-05-27 12.32.55

2016-05-27 09.18.08

ビーコン信号が正しく発信できていれば、BeaconMaster で該当するレコードが表示されます。