KBS Cloud for GCP Windows をリリースしました

「RESTful API と Claris FileMaker Data API を基礎からしっかり習得する」セミナーレポート

FM-Chubu 第70回の特別セミナー

FM-Chubu とは FileMaker Pro の勉強会を中部エリアで開催する人の集まりです。
2020年9月、第70回の特別セミナーにおいて、
弊社若林がスピーカーを担当させていただきました。

今回は初のオンラインによる有料セミナーということでしたが、
多くのみなさんにご参加いただき、ありがとうございました。
長時間のセミナーでしたが、後日のアンケートでも概ね良い感想をいただいており、
ほっとしているところです。
頂いた感想の一部をご紹介させていただきます。

  • FileMaker Data API の細部にわたり学べました。
  • 基本的なところから、実際に使うところの勘所まで説明していただいて良かったです。
  • 丁寧な解説ありがとうございます。
  • 内容が濃い。
  • とってもためになりました!楽しかった!
  • 少しだけ、かじったことのあるRESTのお復習ができてとても満足しました!
  • 多くの研究や実験をしていないと知り得ない事を教えて頂けた事。
  • 概要と詳しい説明の両方を聞くことができ、全体像と注意点が見えた。
  • なかなか聞けないことがいつも聞けている。

セミナー内容

Claris FileMaker はノーコード・ローコードツールとして確固たる地位を築いていますが、RESTful API が当たり前の世の中、RESTful API のサーバーとして、逆に利用するクライアントとしても、外部システムと連携しやすいツールです。RESTful API は FileMaker の知識だけではなく、前提となる基本的な知識が必要なため、初めての方には敷居が高く、残念ながら使っている方はまだまだ少ないようです。本セミナーでは、RESTful API を使用する基礎的な知識から始め、FileMaker Data API と cURL 通信について解説します。内容は FileMaker の難しいテクニックの話はあまりないので、FileMaker の経験レベルに関係なくお聞き頂ける内容です。

  1. RESTful API の基礎
    1. RESTful API をザックリだがしっかり習得すると
    2. API とは
    3. Restful API とは
    4. メソッドとは
    5. 1回の API リクエストの流れを把握する
    6. JSON と XML
    7. さまざまな認証方式
    8. OAuth と token
  2. FileMaker Data API 基礎と応用
    1. 使えるようにするには
    2. ドキュメント apidoc の読み方
    3. 主要なAPIの仕様
    4. Postman の使い方
    5. FileMaker Data API を使う際に注意すべきポイント
  3. cURL オプション と FileMaker
    1. curl とは
    2. curl 基本形
    3. URL から挿入 での cURL オプション への反映
    4. Postman から便利な移行方法
  4. FileMaker Data API を実行 スクリプトステップ 基礎と応用
    1. 特徴
    2. “action” : “read”
    3. “action” : “metaData”
  5. Q & A

Live 配信の機材

グリーンバックの前に座り、映像をすべてスイッチャーに統合し、配信しました。

  1. iPhone11(本人撮影カメラ)- HDMI – ④ ATEM mini
  2. iPad Pro(Keynoteスライド説明用)- HDMI – ④ ATEM mini
  3. MacBook Pro(Mac操作画面説明用)- HDMI – ④ ATEM mini
  4. ATEM mini(映像スイッチャー)- USB-C – ⑤ MacBook Pro
  5. MacBook Pro(スイッチャーアプリ・Live配信用)- HDMI – ⑥ モニタ
  6. モニタ(配信状況確認用)
  7. iPad(FM-Chubu事務局との連絡チャット用)

今後

Live 配信の機材として ATEM mini が鍵を握るのですが、
マイク端子について、クロマキー合成について、MacからのHDMI出力について、
こちらもいろいろノウハウがありそうです。
この辺は今後ブログに投稿していきたいと思います。

またセミナーでお話した内容は、一部は少しずつ本ブログに投稿していきたいと思っていますが、
すべての内容は有料セミナーのネタとしてとっておこうと思っています。

もし「ウチでもセミナーしてほしい」という方がいらっしゃれば
弊社ホームページの問い合わせからご連絡ください。